第23回 東北大学大学院医学系研究科行動医学 田中由佳里(2018.8)

第23回 東北大学大学院医学系研究科行動医学 田中由佳里(2018.8)
1回目:
第23回 東北大学大学院医学系研究科行動医学 田中由佳里(2018.8)
00:00 / 28:00
2回目:
第23回 東北大学大学院医学系研究科行動医学 田中由佳里(2018.8)
00:00 / 28:00

なぜストレスを抱えるとお腹が痛くなるのか? 日頃悩まされている方も多いはず。それは脳のど真ん中から出るストレスホルモンが影響しているそう。

動物の場合、サバンナでライオンから狙われたシマウマが、「逃げろ」という信号を脳に送ったとき、早く走れるように体を軽くしたり、臭いで敵をかく乱させるという目的で便を出すことがあるそう。人間もそうしたメカニズムが関係しているのかもしれません。

そんな、お腹に不安を抱えた方にお試しいただきたいアプリが、田中さんのグループが開発した「おなかナビ」。突然の下痢や便秘などの症状を伴う「過敏性腸症候群」である可能性を、いくつかの設問に答えることで簡単に診断できます。また、ライトが点いたスマホカメラに指を当てて脈を取り、どれだけストレスがかかっているかを測ることも可能。デジタル技術を活用した田中さんたちの研究が、今後の医療を支えていきます。

 

★スマホアプリで試してみよう! 「おなかナビ」で検索